「 ようこそ。たーまやーの玉屋柳勢(リュウセイ)です。」

 

【お知らせ】

12/1up 101らくご(12/4(日))は当日券たっぷりございます。ご予約も受け付け中です。

11/28up [噺のネタ]21『看板のピン』(志ん橋師匠の教え)

11/28up じぶえもん新聞を創刊しました。自主公演会場及び、たまのぐっずページよりご購入いただけます。

11/11up 東京・ご馳走落語(於:星のや東京)11月は『夜鷹そば屋』

10/29up 寄席の『浅い出番』とは。『お血脈』『風呂敷』『甲府ぃ』(玉屋噺の会のご報告)

10/24up トラベルWatchにて星のや東京「東京・ご馳走落語」が紹介されました。記事はこちら

10/21up mina OFFICIALにて星のや東京「東京・ご馳走落語」が紹介されました。記事はこちら

10/15up LEONにて星のや東京「東京・ご馳走落語」が紹介されました。記事はこちら

10/4up 十月大歌舞伎・第一部を。(『荒川十太夫』)

10/4up 東京・ご馳走落語(於:星のや東京)10月は『大工調べ』

9/26up 提出した「参加の意図」を。/文化庁芸術祭「玉屋噺の会」

7/16up 落語協会ではコロナ禍における寄席等での楽屋訪問・出待ちについては現在もお断りさせて頂いております。詳細はこちら

6/7up 基本方針を一部追記致しました

5/29up ブログ 継承された話芸とは。(あなたは「わかる人」ですか?)

 

過去のお知らせはこちら

 


 

お会いできて嬉しいです。玉屋柳勢 ( タマヤ・リュウセイ ) と申します。

落語協会の噺家。2020年より真打に昇進。六代目 玉屋柳勢を襲名いたしました。

これまで師匠方から「直に」受け継いだ落語。
それはアタシの財産。
その楽しさと良き伝統をお伝えできたら嬉しいです。

多くの噺家が手掛け、磨かれてきた「古典落語」を継承して参ります。

趣味は歌舞伎と読書と宝塚歌劇。

少し古めかしくて、どこか懐かしい、そんな「柳勢レトロ」な落語を。

 

Asami Uchida

<プロフィール>
玉屋柳勢 ( タマヤ・リュウセイ )

所   属:落語協会会員(真打)
生 ま れ:1981年4月10日(千葉県出身)
出 囃 子:三亀松三番 /紋:丸に花菱
好きなこと:歌舞伎、読書、宝塚歌劇、クラシック音楽
好きなもの:お肉料理なんでも
し ご と:噺家、ぽったろちゃんのお食事担当
得意ネタ :『粗忽の使者』『夜鷹そば屋』『景清』
HPのジブエモン(jibuemon)もそこから

<経歴>
2005年3月   早稲田大学教育学部社会科卒業
2005年3月   柳亭市馬に入門
2005年11月   前座となる 前座名「市朗」
2008年11月11日 二ツ目昇進「市楽」と改名
2020年3月21日 真打昇進「六代目 玉屋柳勢」襲名

 

<真打昇進後の主な出演実績>

■自主公演
噺の種」「玉屋噺の会」「ここだけの話」「ヒルラクゴ」「101らくご」「カンナン汝ヲタマニス」「披露目の支度

■寄席(定席)
鈴本演芸場浅草演芸ホール池袋演芸場末廣亭国立演芸場
※以外が定席

■その他の寄席(地域寄席等)
運営元や代表者名、連絡先がホームページ等で確認ができない団体や個人、施設等が主催する地域寄席やその他の寄席につきましては、出演をお断りさせて頂く場合がございます。詳細は出演のご依頼を。

■ホール落語
TBS落語研究会

■その他
星のや東京 「納涼・怪談落語」「東京・ご馳走落語

 

出演のご依頼はこちらから

 

高座に掛けたその日の演目は.LINEで発信しております。
ぜひお友だち登録してみてくださいまし!

友だち追加