日本演芸若手研精会の創設者、稲葉守治さん。

稲葉守治さん…。

先日、3月10日の命日にお墓参りへ。

研精会を設立されてからお亡くなりになるまで、毎月、国立演芸場を自費でお借りになって運営され、チケットも色んな方に配られていたそうです。

その資金で、本来ならば家がもう2、3軒建てられたほどだったそう。

稲葉さんご自身は、決して楽屋にはいらっしゃることなく、打ち上げにもお出にならず、出演者にもほとんどダメ出しもなさらない。

ただ毎月場所をご提供くださり、お客様を集めてくださる。

それを何十年と続けてこられたお方です。

 

第一期生には、さん喬師匠や雲助師匠。それ以降も扇遊師匠、喜多八師匠、師匠・市馬、三三兄や一之輔兄。

古典落語をきちんとやる噺家ばかりを集めた会でした。以前は(笑)

アタシが二ツ目になって最初にトリを勤めた研精会での出来事。
急遽、予定になかった口上を、メンバー全員にお願いしてくださいました。
何しろ急遽ですから、その日出番のなかった方は紋付き袴どころか着物すら持っていませんから、洋服の上から借りた羽織だけ羽織ったりと、なんだかもう『長屋の花見』みたいでした。

とてもとても嬉しかった。

次の研精会でそのお礼を稲葉さんに申し上げると
「君にはもう何もしてあげられないからね」

次の月に稲葉さんはお亡くなりになりました。

それからは研精会で主任を勤める前には必ず、稲葉さんのお墓参りに行っていました。

真打ちの披露目の前に昇進のご報告へ行って以来でしたし、研精会のことでご報告に上がらなければならないこともありましたので、御命日の3月10日に行ってまいりました。

 

<関連ブログ>
9/3 日本演芸若手研精会とは