3/8いちらくご⑦を終えて

昨夜はいちらくご第7回へご来場ありがとうございました。
演目は…

一、寿限無 扇ぽう
一、やかん 市楽
一、小言幸兵衛 菊志ん
一、明烏

でした。

ずっとお呼びしたかった菊志ん兄さん。これまで出演して下さった師匠方はトリネタを掛けて下さっていたので、兄さんがどんなネタをやって下さるのか、ずっとワクワクしてました!
聴いてみたかった兄さんの『小言幸兵衛』!
聴くことができてうれしー!
出番がまだあるのに、楽屋でゲラゲラ笑っちゃいました。

扇ぽう君も、初めての連雀亭とは思えない仕事ぶり!さすが扇遊師門下!!

毎回、助演によって雰囲気の異なる「いちらくご」も、次回で最終回となります。6月からは真打ちを見据えて、勉強会お大きな会場へ移動。「披露目の支度」としてオフィスエムズと一緒に運営して参ります!
前売り券はアタシが持ち歩いているので、みなさん、買ってね(^o^) おねがい🖤

アタシから買うとなんか良いことあるかも♪

【メルマガ】圓菊師匠と菊志ん兄さん(3/8いちらくご⑦)

皆さまこんにちは。市楽です。
寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?

今日は、いちらくご第7回のご案内です。
前座として楽屋入りしたばかりのぺーぺーの私に、いつも声を掛けて下さったのが、菊志ん兄さんの師匠・古今亭圓菊師匠でした。
大河ドラマ「いだてん」で志ん生の弟子として登場する今松(荒川良々)は、若い頃の圓菊師匠です。
若い頃、自分より先にどんどん売れていく先輩後輩の背中を見ながら「こん畜生」とばかりに稽古を重ね、後には寄席の爆笑派としての地位を築きました。あの上方の爆笑王・桂枝雀師匠にも影響を与えたほど。
何よりお客様に楽しんで頂きたい、という思いの強かった方だと伺っています。そんな圓菊師匠のお弟子さんには、志ん弥師匠、菊丸師匠、菊春師匠、菊生師匠、菊之丞師匠、菊志ん兄さん、菊太楼兄さん、文菊兄さんと、落語界を背負って活躍されている方ばかり。
中でも今回助演の菊志ん兄さんは、お客様に楽しんで頂きたいという師匠のマインドを一番受け継いでいらっしゃるような気がします。

そんな兄さんのマインドをぜひ間近で見ていただきたいです!
トントントンと運ぶ軽快な口廻しも圧巻!
まだお席がございますので、ご予約お待ちしております。

市楽拝

3月8日(金)いちらくご 第7回 助演:古今亭菊志ん師匠(残席僅か)
開 演:19:00~(18:30開場)予約番号順に入場
会 場:神田・連雀亭(丸の内線・淡路町駅A3出口 )
木戸銭:予約2200円/当日2500円
出 演:柳亭市楽(2席)、古今亭菊志ん(助演)、入船亭扇ぽう
ご予約メール yoyaku.jibuemon@gmail.com

電話  03-6273-7127 (留守電の場合は折り返しご連絡いたします)

※いちらくご⑧の先行販売予定

2/20 噺の種・第6回を終えて

昨夜は市楽勉強会「噺の種」にご来場ありがとうございました。
〇初めての宝塚・星組
①お血脈
②棒鱈
③景清
でした。

①は今年の課題ネタ。前半だけの「善光寺由来」後半だけのバージョン、通しバージョンの3パターンでいろいろやり方を変えながら磨いていきたいなぁと思ってます。
②は先月の二つ目勉強会で他の二つ目が掛けていて、柳家さん喬師匠から色々とアドバイスを受けているのを聞いて、自分の中でピンと来たところがあったので最近掛けるようになりました。さん喬師匠の十八番です!
③は今回のネタおろし。この噺の中で縞の着物がキーワードとなっているので、縞の着物を着る予定でしたが、家に忘れてしまい慌てて取に帰りました。焦ったー(~_~;)
そして、マクラでは先日観に行った宝塚の舞台について。我ながら色々喋ってましたね(-_-;)舞台がホントに楽しかったもんで・・・。
今一番読みたい本は「ベルサイユのばら」。わかりやすくハマってますね(笑)

【メルマガ】『景清』初演に向けて(2/20噺の種)

今日は、真打に向けて噺を仕込み・磨いていく勉強会「噺の種」のご案内です。
第6回は「景清」を初演します。
「景清」は目が見えなくなってしまった職人が主人公の噺。昭和の名人、黒門町こと八代目桂文楽師匠の十八番のネタ。と言っても、アタシのやる「景清』は黒門町の型ではありません。

盲目の男の元に嫁いだ女性の献身、そして取って置きのサゲ…。

アタシは三代目なんですが、先代の柳亭市楽は、将来有望な若手でした。晩年目が見えなくなり、野垂れ死に同然の亡くなり方だったそうです。
悔しかったでしょう。辛かったでしょう。世の中を恨み、神も仏もないと思ったことでしょう。
そんな先代の思いを胸に、アタシなりに高座を勤めたいと思います。

ちなみに先代の持ちネタは「宗論」「堪忍袋」「かんしゃく」だったようです。みんなアタシのやらないのばかり…。
まだご予約を受け付けております!どうぞよろしくお願い致します。

2月20日(水)噺の種 第6回『景清』
開 演:19:15~(18:45開場)
会 場:らくごカフェ(神保町A6出口 古書センター5F)
木戸銭:予約1500円/当日1800円/学割1000円(要学生証)
出 演:柳亭市楽(3席)『景清』ほか
ご予約: 03-6268-9818(らくごカフェ) 03-6277-7403(オフィスエムズ) 又は yoyaku.jibuemon@gmail.com

【告知】いちらくご第7回助演・菊志ん兄さんとアタシの前座名は…

【告知】東京かわら版に掲載の『景清』を初演。<2/20噺の種>