『子は鎹』をネタだし(メルマガより)

みなさま、こんにちは。

お正月、図書館の帰りにキャトルレーブ(宝塚ショップ)に寄ってみたら、何と当日券が!

宙組、観て参りました。

はやく喋りたい〜(笑)

何だか幸先良いスタートです。

 

さて、2月の噺の種は『子は鎹』をネタ出し。

何年かぶりに蔵出しします。

アタシのは、ちょっとだけ登場する番頭さんが、いい働きをする珍しい型。

基本は圓生師匠の型ですが、番頭さんの件は『中沢家の人々』でお馴染みの爆笑王、先代の圓歌師匠のやり方なんです。

お稽古をつけて下さった師匠は、圓歌師匠から許可を頂いて高座に掛けられており、その師匠以外では、その型を聞いたことがありません。

アタシはその師匠からの許しを得て、圓歌師匠の部分をやらせていただいてます。

なので、心して掛けさせて頂きます!

ぼやっと聴いていると聞き逃してしまうくらいの、ほんのちょっとの違いなんですが…。

ぜひ、違いを楽しんでくださいまし!

市楽拝

 

◎2月7日(金)噺の種 第11回
開 演:19:15〜(18:45開場)
会 場:らくごカフェ(神保町A6出口 古書センター5F)
木戸銭:予約1500円/当日1800円
演:柳亭市楽(3席)『子は鎹』ほか
ご予約:お名前、予約人数をご連絡ください。

◎らくごカフェ  03-6268-9818
◎メール 
yoyaku@jibuemon.com 

2020年1月13日のメルマガより。

 

.