8/30 春風亭かけ橋さんゲストでエリザベート『闇が広がる』

久しぶりのかけ橋さん。以前、彼がミュージカル・エリザベートをモチーフにした七段目の改作『闇が広がる』をやっているのを聞いた事がありました。当時は、まだアタシが宝塚歌劇に目覚める前だったので「彼は一体何をしているんだろう」と目を点にしてみてました…(笑) が、宝塚に目覚め、日々エリザベート(明日海りお閣下)のDVDを流し続けている今、そのミュージカル落語を聞きたくて、体がうずうずしてました。
で、やってもらいました。

当日は一応リハーサルしました。

楽屋でも終始ヅカトーク。彼が「兄さん」とアタシを呼ぶ声が、心なしかミュージカル調。

まずはアタシが上がって『目黒のさんま』。今シーズン初。何度か掛ければ、こなれて良くなってくると思いますが、その頃には秋も終わると思います。。。

次が、いよいよかけ橋さん。『闇が広がる』
降りてきて、彼が小声で「兄さん、たのしかったぁ!!」と一言。
こっちも袖でずっと楽しんでました。
以前聞いた時に「ミルクのくだりがあったかな?」と思ったので聞いてみたら、興奮気味に「そうなんです!きょう兄さんの為に足してきたんです!!」と。

最後におまけ(?)で『死神』。

チラシも作らず宣伝もあまりしていない会ですが、いらしてくださるお客様には本当に感謝です!引き続き稽古会続けて参りますんで、お気軽にお立ち寄りください。

かけ橋さん、打上げも付き合ってくれてありがとう!途中でカミさんが帰ってから盛り上がったね!